統合失調症はダウンシフトの夢を見る

統合失調症はのらくら生きたい

統合失調症がストレッサーをのらりくらりとかわす努力するブログです

マネーフォワードが改悪したので

ご訪問頂きありがとうございます。

私はこれまでマネーフォワードで支出の見える化と、資産の見える化をしてきました。

ところがマネーフォワードの口座連携数が減少しました。
無料ユーザーはこれまで10口座まで連携できたのですが、4口座までに減ってしまったのです。

代わりの無料アプリを探しました。
有名どころのMoneytreeやZaim、おかねのコンパスが候補です。
しかしどれも、私が連携したい楽天銀行楽天カード、地銀、手入力の全てを無料で利用できません。
困りました。

マネーフォワードの有料ユーザーになる?
月額では500円、年額は5300円だそうです。
年額としても月の負担は約442円。
こんなに負担は出来ません。

しばらく考えたら、気が付きました。
元々私は、月頭に全ての口座を巡って残高をExcelに記入し、前月からの増減を見たり、目標金額まで何歳で到達できるかを見たりしていました。
つまり、資産の管理はマネーフォワードに任せなくていいと言う事に気が付きました。
支出管理だけできればいいのです。

支出が分かればいい口座は、
楽天銀行(各種引き落としとデビットカード
地銀
アプラスカード(マネックスカード)
楽天カード
です。
本当はKyashも連携したかったのですが、よくよく考えたらTOYOTA Walletへの中継にしか使っていません。そしてTOYOTA Walletの連携は未対応なので、元々手で分類していたのでした。連携する意味は無いですね。

これで支出の管理は対応できるようになりました。
マネーフォワードから見れば残念なユーザーでしょうが、これ以上連携口座が減少しない限りはこのままで行こうと思います。