統合失調症はダウンシフトの夢を見る

統合失調症はのらくら生きたい

統合失調症がストレッサーをのらりくらりとかわす努力するブログです

蛇口をレバー式に替えてみたのに

ご訪問頂きありがとうございます。

 我が家の台所とトイレの手洗いは、昔ながらのぐるぐる回すハンドル式です。
 時々蛇口からポタポタ水が垂れ、ひどい時はツーッと水が出ていました。
 どうやら両親の手の力が弱って、締めきれないようでした。

 水道代がもったいないな、と思い、ハンドルに被せるタイプのプラスチックのレバーを購入して、取り付けもしました。

www.nitoms.com

 すると、両親もしっかり締められるようになりました。

 ところが頻繁に使う台所では、レバーがずれてしまう事が頻発。
 仕舞には、ぱきっと割れてしまったのです。
 新たに買い求めて交換しましたが、また割れてしまいました。

 また交換しても、元の木阿弥だろうな。
 それならいっそ、蛇口をレバー式に交換してしまおう。
 そう思い、水道屋さんに依頼しました。

 新しいレバー型の蛇口は、軽々と操作できるので、両親もしっかりと締められました。

 よしよし。
 これで水道料金も少し安くなるな。
 そう私は、ほくそ笑みました。
 そして、次の検針日を楽しみに待ちました。

 ところがです。
 検針日に検針票を見て、我が目を疑いました。
 千円上がっている…

 どこか漏水でもしているのかな?
 そう思いながら、何気なく台所の母を見て、絶句しました。
 水をドバーっと全開にして使っているではないですか。
 レバーが軽すぎて、ついつい全開にしているようです。
 父も同じく、全開。
 レバーをいっぱいに上げないで、中間ぐらいにして使って、とお願いしてみました。
 改善しません。常に全開。
 再度お願いしましたが、そんな細かい事はできない、と言われてしまいました。
 どうやら、手先を細かくコントロールできないようなのです。

 あーあ。
 これなら、取り替えない方が良かった…
 がっかりです。