統合失調症はダウンシフトの夢を見る

統合失調症はのらくら生きたい

統合失調症がストレッサーをのらりくらりとかわす努力するブログです

MobiDriveを使ってみました

ご訪問頂きありがとうございます。

 私には電子化した蔵書が約7GBあります。
 断捨離して、繰り返し読みたい本だけに絞って電子化しました。

 当初はGoogleドライブに保存していたのですが、Googleのポリシー変更でポリシーに抵触するとアカウントが停止される事になり、抵触しそうな本が2冊ありました。
 山岸涼子先生の『テレプシコーラ』と、岩明均先生の『雪の峠・剣の舞』で、どちらもきわどい描写があります。
 慌ててMicroSDに移動しました。

 このままSDに保存しておいてもいいのですが、SDもいつかは劣化します。
 やはりバックアップが欲しいな、と常々思っていました。
 OneDriveは無料だと5GBしかもらえませんので、足りません。

 そんなある日、MobiDriveと言うクラウドサービスを知りました。
 無料で20GBもらえるそうです。
 ネットで口コミを見ると、サクラ臭い絶賛と、普通の口コミが入り混じっています。
 AndroidスマホGoogle Playで見ると、普通と辛口の口コミが入り混じっています。
 主にバックアップとして使うだけなら、問題ないと判断しました。

 最初にWindowsアプリをダウンロードしたのは、壊れる前のWindowsタブレットでした。
 Microsoft Storeからダウンロードしましたが、インストーラーを起動するとエラーになりました。
 その時はあきらめました。

 新しくWindowsノートPCを購入し、思い立ってMicrosoft Storeからダウンロードしました。
 今度はきちんとインストーラーが起動しました。
 フォルダ位置を指定して、フォルダ作成ボタンをクリックすると、いきなり有料版へのアップグレード画面が開きました。
 慌てて閉じました。
 上手くいかなかったのかな?と思い、指定したフォルダを開いてみると、”MoviDrive”と言うフォルダが作成されていました。
 そのフォルダへ、蔵書のpdfファイル達をSDからコピーしました。
 少しすると、MoviDriveが現れ、同期が始まった事が分かりました。

 そのまましばらく放置。
 ふと気が付くと、PCがスリープしていました。
 まずい、と思ってスリープ解除。
 Windowsの設定から”電源とスリープ”を検索。
 スリープの項目から”次の時間経過後、PCをスリープ状態にする(電源に接続時)”を”なし”に設定。
 PCを電源に接続して、MoviDriveで同期を一時停止→スタート。
 ルーターのランプを見ましたが、通信が発生している時のランプは点滅しません。
 PCを再起動してみました。
 すると、ルーターのランプが点滅して、通信が始まりました。
 そのまま放置しました。

 我が家のYahoo ADSL回線は、3Mbpsしか出ませんので、一晩放置。
 翌朝になっても終わりません。
 その日は家族でお出かけでしたので、念のためPCをロックして出かけました。

 帰宅してルーターを見ると、通信していません。終わったかな?
 PCのロックを解除して、タスクトレイに格納されているMoviDriveアプリを表示すると、まだ5GBしかアップされていません。あれ?
 どうやら、PCをロックすると同期も止まるらしいです。
 またPCを再起動して、同期を再開しました。

 翌朝見ると、200MB以上のファイルはアップロードできないと言う警告が出ていました。
 確かに500MB以上のファイルが一つありました。そのファイルはあきらめました。
 問題のファイルを別のフォルダに移動して、同期を再開して出勤。
 帰宅後、ファイルの同期が終わっている事が確認できました。

 スマホにMobiDriveアプリをインストールして、ログインすると、同期されたファイルが見えました。
 開くとダウンロードが始まり、終わるときちんと中身が表示されました。

 ちょっと癖がありましたが、蔵書をバックアップ出来て良かったです。