統合失調症はダウンシフトの夢を見る

統合失調症はのらくら生きたい

統合失調症がストレッサーをのらりくらりとかわす努力するブログです

EXCELのメモリが不足していますは当てにならない

ご訪問頂きありがとうございます。

 4月は繁忙期です。
 年度末締めが完了すると、年次レポートの作成が始まります。
 また、新年度用にあれこれ切り替えなければなりません。

 バックオフィスで使用しているツールで、データベースのビュー(データの集め方、見せ方を定義しているもの)から、EXCELにデータを吐き出すものがあります。
 けったいな造りで、テーブルに列を追加し、新年度用にビューを作り、EXCELには新年度のシートを作り、ビューとの対応を設定したり、式をごにょごにょ直したりと、面倒くさい限りなツールです。
 おまけにテスト環境が無いもので、ぶっつけ本番で担当者に動かしてもらい、変な所を指摘してもらって直す対応をしています(汗)。

 今年は例年と一味違う変な現象が発生しました。
 担当者から、真っ白になったと報告があったのです。
 見に行くと、ワークブックを閉じた状態のようにグレーの状態になっていました。
 なんじゃこりゃ。
 原因を探そうとVisual Basic Editorを呼ぼうとすると、
「メモリが不足しています」
 と表示されました。

 メモリ不足ですか。
 毎年シートを増やして、式も満載なので、それでいっぱいいっぱいになってるのでしょうか。
 そう思って、不要となった年のシートを削除してみました。
 まだ駄目です。

 3月までは動いていたのに、なんで?
 頭を抱えていると情シス係長が
EXCELのメモリ不足エラーは、他に原因がある事がありますよ。ログを見ましたか?」
 そうだった、吐き出しツールはログも吐き出すんだった。
 見てみると、ビューに原因がある事が分かりました。
 ビューの中を見たら、年度を変更し忘れている部分が見つかりましたorz
 その部分を直すと、きちんと動作しました。

 忙しいからと急いで作って、見直さなかったのが原因です。
 反省です。