統合失調症はダウンシフトの夢を見る

統合失調症はのらくら生きたい

統合失調症がストレッサーをのらりくらりとかわす努力するブログです

セリフを付けてしまいました

ご訪問頂きありがとうございます。

 先日のお昼休みの事です。
 給湯室に行くと、憧れのMさんが居ました。
 挨拶を交わしてすれ違う瞬間、Mさんが目を伏せました。
 それを見た私の脳内に「面倒くさい」と言うセリフが流れたのです。

 おそらく無意識下で、面倒くさそうだなと推測し、それでこんなセリフが浮かんだのだと思います。

 それより困ったのが、この後、Mさんがそう言ったかのように悲しくなってしまった事です。
 今のは私の脳内の言葉であって、Mさんが言ったんじゃないよね?とか、統合失調症になってから微妙な表情が読めなくなったから、そんな風に思ってないかもしれないよね?等なだめてみても、解消しません。

 そうだ、マインドフルネス的手法を試そう、と思い付きました。
「Mさんに面倒くさいと言われたかのように悲しいと感じている」と言語化し、そこに”と思っている”と、付け足してみました。
 何となく、自分と感情の間に隙間が生まれたみたいです。
 そこですかさず「評価しない」と、自分に言い聞かせてみました。
 ありがたい事に、落ち着きました。

 今回は自分の脳内で自分の声色でした。
 もし、無意識下の思考がセリフのような脳内言語で流れ、それが自分以外の声色で、なおかつ発生場所を体外と誤認したら、それは幻聴になるかもしれません。

 幸い他の人については、こんな現象は発生していません。
 おそらく、Mさんに会えて喜んだ脳が過活動状態となり、こんな事になったのかな?

 今回、理不尽に感情に飲まれても脱出できる事が分かりましたので、今後こんな事になっても大丈夫でしょう。
 とは言え、現象自体の発生も抑えたいです。
 何事もほんのり、を心掛けたいですね。