統合失調症はダウンシフトの夢を見る

統合失調症はのらくら生きたい

統合失調症がストレッサーをのらりくらりとかわす努力するブログです

上野千鶴子著「在宅ひとり死のススメ」のレビューを読んだら、目標金額が膨らみそう

ご訪問頂きありがとうございます。

 いつもなら月一の、現在の資産状況を投稿するところですが、それはしばらくお休みしようと思います。

 と言いますのも、老後についてアレコレ考え始めたからです。
 これまで老後は自宅で慎ましく生活しようと考えて、それに基づいて目標金額を決めていました。

 しかしながら、私は独身で、子供もいません。
 老後頼りになる親類はいません。兄夫婦は同年代ですからね。兄夫婦にも子供はいません。
 何か参考になる情報はないだろうか?と考えていたら、ネットのニュースサイトに、上野千鶴子著「在宅ひとり死のススメ」が紹介されていたのを目にしました。
 本を買う前には、Amazonでレビューを確認するのが常です。
 すると、この本の内容は現実的ではない、と言う論調の、現実に即したレビューを幾つか目にしました。
 お金に余裕があってこそ実現できる、とか、
 親類が孤独死して、警察沙汰になったとか、遺体が腐敗して後始末が大変だったとか、周囲に”親類を孤独死させた人”と見られて困った、とか、
 認知症になると、寒くても重ね着する事を思い付かないとか、食べ物以外を食べようとしてしまうとか。
 確かに友人のお母さんは、食器を洗うスポンジを食べてしまったり、お花を食べてしまったりしたそうです。

 認知症にならなくても、80代の両親を見ていると、色々不安になります。
 水道の蛇口を閉め忘れたりしています。節約どころではありません。
 父は、A銀行のATMにB銀行のキャッシュカードを入れて、お金を降ろしたり。
 母は、銀行のATMは操作できますが、先日の水漏れ修理の代金を振り込むため、振り込み用紙に記入しようとして、口座番号欄に金額を書いたり、銀行支店名に銀行名書いたりしていました。

 私はWealthNaviに積立投資しています。取り崩す時は、WealthNaviで出金指示をしてから、銀行で引き出す、と言う段階を踏まなければなりません。
 含み損が出ている時は、定期預金を取り崩す予定です。
 80代になっても、それが出来るのか?
 出来なければ、後見人を立てて金銭の管理をお願いする?
 後見人を立てるのに21万円弱かかり、月々4万円位かかるみたいです。

 認知症になったら、自炊は無理でしょうね。
 統合失調症の陽性症状が出ていた時、料理しようとして炭を作っていましたから。
 宅配食を手配しようにも、自分では出来ないでしょう。
 介護認定も、自分では思い付かないでしょう。
 予め老人ホームやグループホームに入っても、認知症になったら追い出される、と聞きます。
 逆に認知症でも入れる所は、要介護認定2にならないと入れない所が殆どみたいです。
 どうしたらいいんでしょう?

 ホームに入るとしたら、自宅は売らないといけません。
 家はおんぼろですので、解体して更地にしないといけないでしょう。
 鉄筋コンクリートですから、解体費用は100万円では無理そうです。200万円位?

 ざっと老後について考えただけで、ホームの費用、後見人の費用、家の解体費用と出てきた訳です。
 ダウンシフト目標金額は、大きく膨らみそうです。